年越しでテレビを見て思ったこと

夜の7時ごろから、紅白とガキの使いやあらへんでをチャンネルを変えながらみていました。リビングと隣の部屋にもテレビがあるので、1台は紅白専用で大型テレビの方はガキの使いを主にみていました。
今回の紅白でよかったのは中森明菜さんです。同じ世代なので、当時は松田聖子か明菜のどちらかに分かれて応援している人が多かったです。
私は明菜派で聖子ちゃんのぶりっ子がどうも好きになれず、明菜ちゃんのクールなところと歌声が好きで、音楽番組をよく見ていました。最近は体調が悪いということで、テレビで見かけていなかったので、久しぶりに見て素直に感動しました。
歌声は当時と比べて声量は落ちているなと思いましたが、ふるまいやしぐさ、温かみが当時とほとんど変わらず、安心しました。新曲も今の明菜ちゃんにはふさわしいと感じました。
ガキの使いで一番大笑いしたのは山崎方正と蝶野さんの掛け合いのところです。赤ちゃんのあきおをめぐり、そっくりな顔のあきおを自分の子ではないと最初は言い張っていたのが、途中から自分の子だと認定して守りにはいるところは、おなかがよじれるくらいでした。家族中で笑いすぎて、苦しくなるほどです。
この2つの番組のおかげで、大晦日は感動あり笑いありですごすことができ、感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>