Month 1月 2015

合わないニキビケアはニキビを増やす

こっこ 女 30代 主婦 敏感肌

もともとニキビ肌なのでお肌ケアには気持ち的にも気をつけているのですが、普段使用していない新しい基礎化粧品を試すとニキビがあっという間に増えて
しまったりすることがあります。

そして、シャンプー類にも気をつけていなければいけません。シャンプーやコンディショナーが肌にあわないものを使用してしまったり洗い流しがあったりすると前髪がかかってしまうこめこみやおでこにニキビがぽつぽつとあらわれてしまったりもするのです。

お肌がもともと強い質感の人なら問題はないですが、もともと敏感肌の体質の人だとすぐにニキビや肌荒れの原因と化してしまうので注意が必要です。

1度ニキビができだしてしまうとなかなか治らなかったり、痛痒かったりもすることがあるのです。

もともとのお肌の脂質成分が過剰分泌されてできてしまうニキビももちろんあると思いますがこういった日々使用するケア商品を使用することでニキビができてしまう、増えていってしまうということも結構あることだと思うのでよく注意をして新しい製品には手を出していかないといけないなと感じるのです。

1度使用して何もトラブルがない商品はずっと愛用し続けていても比較的安心なことが多いのでそういう自分にあう商品を見つけたら他の商品に目移り
をすることなく使い続けていくというのも大事なことかもしれませんね。

化粧水で言えば、健肌の源はオススメできるかもしれません。
こちらは一時的にニキビをよくするというより、根本的に治して、ニキビのない肌づくりをするというものです。
ニキビが出来て、治すをくり返すより、できない肌づくりをする方が良いですよね。

大人ニキビを予防する洗顔料も多く発売されているので、自分で比較検討して、良い物を選ぶことがとても大切です。

良いニキビケアに出会うことができるかどうかがかなり重要な気がします。

年越しでテレビを見て思ったこと

夜の7時ごろから、紅白とガキの使いやあらへんでをチャンネルを変えながらみていました。リビングと隣の部屋にもテレビがあるので、1台は紅白専用で大型テレビの方はガキの使いを主にみていました。
今回の紅白でよかったのは中森明菜さんです。同じ世代なので、当時は松田聖子か明菜のどちらかに分かれて応援している人が多かったです。
私は明菜派で聖子ちゃんのぶりっ子がどうも好きになれず、明菜ちゃんのクールなところと歌声が好きで、音楽番組をよく見ていました。最近は体調が悪いということで、テレビで見かけていなかったので、久しぶりに見て素直に感動しました。
歌声は当時と比べて声量は落ちているなと思いましたが、ふるまいやしぐさ、温かみが当時とほとんど変わらず、安心しました。新曲も今の明菜ちゃんにはふさわしいと感じました。
ガキの使いで一番大笑いしたのは山崎方正と蝶野さんの掛け合いのところです。赤ちゃんのあきおをめぐり、そっくりな顔のあきおを自分の子ではないと最初は言い張っていたのが、途中から自分の子だと認定して守りにはいるところは、おなかがよじれるくらいでした。家族中で笑いすぎて、苦しくなるほどです。
この2つの番組のおかげで、大晦日は感動あり笑いありですごすことができ、感謝しています。

今年もマイペースに。

早いもので年も明け、冬休みもあっという間でした。
相変わらず休み中にやりたかったことの最低限のことしかできていませんが、普段の忙しい日常ではこなしたいほんの少しのことが意外とできなかったりするので、やはり貴重な休みにはなりました。
ずいぶんゆっくりしたので気持ちがついてきてませんが、また一歩一歩いこうと思います。
いつもやらなければいけないことは盛りだくさん、こなせることはほんの少しですが。
ちなみにこの冬は我が家はほとんど今のところ、体調を崩さずにいけていることが何よりです。と言っても去年は春休みもガッツリ無くなる程、体調を崩しているのでまだまだ気を抜いていられませんが。体が資本ですしね。
時間の過ぎかたも早く感じる一方なので、1日1日大切にしたいです。
まだ幼稚園前の次女もいますので、なかなか一人の時間も作れずストレスも溜まりやすかったりしますが、小さな楽しみをつくりストレスを消化していきたいと思います。
そして、小さなhappyを貯金していくような気持ちですよ。
母親が笑顔でいることは家族にとってとても大切。などのようなことも頭では色々と分かっているつもりですが、意外と本当に難しいものですよね。
何かと難しいこともいっぱいですが、今年もめげずに踏ん張りましょう!

飛んでいくもの 

去年は使いすぎてしまった。暮れは、仕方がないとはいえ、財布から、出るわ出るわお札が列になって。
正月早々、使うものもないから、すこしは財布のお札さんが温存されている事を望んでいたにも関わらず
出る時は出るのである。娘が帰ってきた。夫のインフル(インフルエンザ)も下火になったので、
温泉に行くことになった。大人×3人、プラス食事代イコール 一万円は、軽く吹っ飛ぶ。
夜、夫と娘がどこかに飲みに行く事になった。さらに飛んでゆく。正月三が日は、銀行も開いていない。
あああ、これ以上、飛んで行ってくれるな。お札よ。しかし、無情にも飛んで行ってしまうのである。
思っている事と裏腹に、自腹を切ってしまうのである。親の性(サガ)
「ああ、いいって、お母さんが払うから」の流れになってしまうのである。娘とのランチに蕎麦屋や、
ラーメン屋は、無いのである。イタリアン、洋食である。ゆえ、ワンコインでは済まされない。
飛んで行くのである。お金は。必死に死守しようと思っても、死守しきれなかった。むなしい。
私独りのお金ではない。家族がいる以上、本意でない目的でお金は無くなってゆく。
家計簿に、書き連ねる。交際接待費。レジャー費。これが一番、あっと言う間に飛んでゆく項目。
家族の事ばかりは言えない。じゃ、自分はどうなんんだ。まったく使っていないのか?ノ―!
去年、何回ホテルに泊まった?天然温泉付きの、都会のど真ん中のビジネスホテル。
事情があるとはいえ、贅沢この上ない。
どこでどう使おうと、飛んでゆくのである、お金なんて。ごうつくばあさんにならないよう、
心を広くしよう。といいながら、今晩も家計簿付けて、額にしわを寄せている自分がいる。

年末年始に一番嬉しいこと

年末年始はお休みになるので、ゆっくり出来るというのは嬉しいですが、私にとって一番楽してる、嬉しいなと感じられるのは、ご飯が作らなくても出てくるところです。年末年始は、実家に帰ったり親戚回りをしますが、どこに行っても、ご飯を出して貰ったり、皆で用意したり、メインは誰かが作って、お手伝い程度だったりと、食事を自動的に用意してもらえるんですよね。一年中、ご飯を作る役割で、年がら年中作っているので、人が作ってくれたご飯は、こんなに満足するものかと、とにかく嬉しくてたまりません。それと並行して、お土産ものをたくさん頂いたり、親戚の家で振る舞ってもらったりと、お菓子を手にする機会も多いんですよね。これがまた、いつもより気兼ねなく食べられて嬉しいです。私は普段は割と、カロリーを考えたりしているタイプで、いつもなら健康のことを考えて、ちょっと躊躇してしまうところですが、心のままに食べられて、美味しいお菓子もたっぷりあり、カロリーも金銭面でも気兼ねがないって、こんなにいいものかと思います。逆に言うと、もしかして普段はちょっと気をつけ過ぎなのかな?なんてことも思いました。一年に一番、楽して良くて、食べてもいいと思える時期ならではですね。また一年、節制して気をつける日々になりそうですが、気をつけ過ぎて疲れるのには、気をつけていこうと逆に思う日々でした。

私の家族

今日は久しぶりに家族四人で買い物に出かけました。
上の子は大きくなり、友達と買い物に出かける回数が増え家族とあまり買い物に行きたがらなくなりました。親としては、少し寂しい思いをしていたので、今回家族四人で買い物に出かけられることが出来てとても嬉しい限りでした。
買い物の目的は娘の修学旅行に持っていく洋服などの買い出しです。娘は3泊4日で京都に行きます。娘は京都に行ったこともありませんし、この旅行をとても楽しみにしています。買い物に来たのも、通常学校は制服なのですが、修学旅行は私服がOKなので、娘に新しい洋服を強請られてしまい買い物にくることになりました。
買い物に行くことが決まり、3人で買い物に出かけるものだと思っていたら、娘が息子のことも誘い家族みんなで出かけることになりました。息子と娘は年が離れているので、娘が頼めばある程度のことはきいてくれます。
家族みんなで娘の洋服を見て、その後、食事を取り自宅に帰りました。娘の洋服を見るのに1時間も掛かりました。私はあまり洋服を見るのが好きじゃないので、とても疲れました。夫も息子もとても疲れていました。娘ただ一人だけがとても嬉しそうでした。その後、娘が好きなお寿司をみんなで食べました。なんだか娘中心に家族が回っているような気がします。ですが、家ではあまり話をしてくれない息子が、学校のことや友達のことを色々話してくれるのも、娘のこの我儘な、明るさのおかげなのかなぁと思うと娘に感謝です。
久しぶりに家族で楽しい時間を過ごせました。

なぜ写真も公開するのか

元スケーターの安藤美姫がよく話題になりますね。子供を産んだと思ったら父親を明かさない不可解なことになってますし、つい最近はハビエル・フェルナンデスと恋人宣言し、ツーショットの写真まで公開しました。
子供の父親は同じスケーターで当時付き合っていた南里氏とのうわさがあり、二人はゆくゆく結婚するはずだったとのこと。でもなぜかこういう事態になってしまっています。週刊誌によると安藤の母親が南里氏を認めていないようで、それで公表できないとか・・。さらにこの母親がモンスター級らしく、安藤のテレビ出演についてももっと出演を増やしてほしいとか、ギャラが安いとケチをつけたりと、かなり激しい人物らい。自分の子供や周囲をかき回してぐちゃぐちゃにするような人間は確かにいますけどね。
少し前には大リーガーのダルビッシュが山本聖子と交際宣言して、こちらもツーショット写真を公開していました。我も我もってわけじゃないだろうけど、交際してますって文章だけでいいとおもうんですが、なぜ写真まで出してしまうんでしょうか。
誰かに見せるため、何か裏に意味があるんでしょうかね。笑っているとはいえ抱き合っている写真はちょっとどうですかって感じですけど。有名人の価値観が今一つわかりません。